2014年10月08日

皆既月食



本日は皆既月食だったようで、そのことを昨日の夜に知りました。
昨日の夜の時点では私の住むあたりでも見る事が出来るとのことでしたが、今日は残念ながら雲に覆われてほとんど見る事ができませんでした。
好条件としては実に3年ぶりだったようです。

たまに、雲の隙間から見る事が出来てもすぐに隠れてしまったので残念です。
見えた月は赤黒く、不気味に光を反射していました。
今度はもっと雲のない時に見れるといいなと思います。
次回の皆既月食は2015年4月4日だそうですが、皆既継続時間は今回の約5分の1くらいとのこと。
今回見れなかったことが本当に残念です。


そもそも月食とはどうして起こるのか、私はあまり知らなかったのでこれを機に調べてみました。
月食とは満月が地球の影に入ってしまうことで太陽の光に当たることが出来ず、暗くなったり欠けたように見えることを指すようです。
太陽、地球、月が一直線上になったとき日食や月食が起こるということですね。
そうなると満月になるたびに月食が起こりそうですが、月の軌道が地球の軌道に対して5度くらいずれているので地球の影に入らずに満月のままなのだそうです。

月がほんのり赤くなるのは、太陽光が地球の大気を通って赤い光が月を照らすためだそうです。
地球上層の大気の透明度によって赤の色具合が変わるそうで。


自然って不思議ですね。
何故月の軌道や地球の軌道がわかったのでしょう。
そもそも5度のずれとかわかるんでしょうか?
そちらの方にばかり疑問が浮かんでしまっているということは、私にはロマンも何もないのでしょうか(笑)

スポンサードリンク



posted by まひろ at 21:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。